2024-01-02

第29回 日本の美術 ~全国選抜作家展~に出展いたします

2月18日(日)〜22日(木)まで

上野の森美術館で開催される

「第29回 日本の美術 ~全国選抜作家展~」へ

出展する運びとなりました

美術展に出展するのは、初めての挑戦。

出展にあたり、上野の森美術館という

大きなスペースの中で

私は何を表現したいのだろうかと悩み考えた末、

これまでに制作しているキャンドルとは違った

大きな作品に挑戦しました

作品を制作したのは昨年の7月末。

制作の過程を通して

正直、産みの苦しみも味わいましたが

完成した時には、その苦しみが喜びに変わり

少しずつ見える世界も、つくる作品も

変わっていったように感じています

とても良い経験をさせていただきました

今回出展する作品のタイトルは

「昇龍の光」とつけました

この作品タイトルをつける時には

美術展が開催される2024年が辰年ということは

全く知らずに、気づかずに

完成した作品を見て浮かんだ言葉をタイトルにしました

なので、偶然「龍」が現れたのですが

これも必然なのかもしれません

前置きが長くなりましたが

素晴らしい作家さんが全国から集まり出展される美術展です

私の作品も含め、それぞれの作品のポストカードが販売されて

その売上金は日本赤十字社の

「令和6年能登半島地震災害義援金(石川県、富山県、新潟県、福井県)」

に全額寄付をすることになっております

鷹美は会期中、全日在廊予定です

在廊時間については追ってご案内させていただきます

初挑戦した美術展への出展。

よかったらお立ち寄りください

みなさまのご来場をお待ちしております

以下、主催の株式会社クオリアートの公式サイトから転載させていただきます

第29回日本の美術 ~全国選抜作家展~
会場:上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)上野の森美術館 – 美術館についてwww.ueno-mori.org


会期:2024年2月18日(日)~2月22日(木)
   10:00~17:00
初日は13:00〜17:00 最終日22日は10:00〜12:00まで

1995年に始まった展覧会「日本の美術 ~全国選抜作家展~」は、

これまでに国内外の著名評論家やコレクター、アートディーラー、ギャラリスト、

各国大使館など多くの文化・芸術関係者にご支援いただき、今回で29回目を迎えます。
昨年は会期を通して10,018名のご来場者に恵まれ、

アンケートを通じた審査にご協力いただきました。

回を重ねるごとに幅広い作品を展開してきた本事業では、

今展より新たな出展枠として「書道」が加わります。

今回のテーマは「未来は創造力で彩色(いろ)どられる」。
2024年1月1日、石川県能登地方での地震発生を受け、

弊社では日本赤十字へ義援金を寄付し、

一刻も早い現地の復興を祈念しました。

本展では会場内でご出展アーティストの作品が

それぞれ掲載されたポストカードを1枚100円で販売します。

これらの売上金も日本赤十字社の「令和6年能登半島地震災害義援金(石川県、富山県、新潟県、福井県)」

に全額寄付をさせていただきます。

創造力にはどんな可能性が秘められ、どのように未来は彩られてゆくのか。

今展では、アーティスト、美術有識者、鑑賞者をつなぎ、

創造力がもたらす新たな価値観と可能性を探究します。
皆様のご来場をお待ちしております。

関連記事